社長略歴

 (H.Kubota, June,1st, 2015, in Tokyo)

代表取締役「久保田博南(クボタヒロナミ)」は、以下のサイトに紹介があります
AMED 医工連携伴走コンサルタント
AMAZON 「著者セントラル」
ウィキペディア
日経BP/デジタルヘルスOnline
産官学連携従事者
PHP・人名辞典
また、次の人名辞典にも紹介されています
『新訂現代日本人名録2002』(日外アソシエーツ刊)
『日本紳士録』(交詢社刊)

-久保田博南略歴-

1940年 群馬県太田市生まれ。群馬県立太田高校・群馬大学工学部電気工学科卒。
1963年 日本光電工業(株)入社後、世界初の生体情報モニタおよびワイヤレス生体情報モニタの開発。同社の主力製品確立の礎を築く。
1988年 コントロンインスツルメンツ(株)入社
1993年 コントロンインスツルメンツ(株) 代表取締役就任、欧米の医療機器と日本市場との技術交流のために尽力。
1994年 ケイ アンド ケイジャパン(株)を設立し、コントロンインスツルメンツ(株)の業務を全面的に引き継ぐ。 産官学をとおして、各種医療機器、健康関連機器に関するビジネスコンサルタント業務を遂行。関連業務の執筆活動、講演活動、教育活動などを行う。
関連業務
1973年~ JIS委員を歴任
1980年~ IEC(国際電気標準化会議)委員を歴任
1984年~ ISO(国際標準化機構)委員を歴任
日本医療機器工業会の機関紙『医療機器』編集長。日本医療機器学会の機関誌編集委員。NPO医工連携推進機構の理事として、医療機器開発コーディネータ活動。防衛省・陸上自衛隊衛生学校部外講師講師として「医用工学概論」、城西大学・現代政策部講師として「医療機器論」の講義。
サイエンス・ライタとして、執筆活動を継続中。新聞・雑誌・ネット等の記事執筆および編集も行う。日経BPのサイトにコラム”久保田博南の「医療機器トレンドウォッチ」”、雑誌『医科器械』に「器具・器械を創った人びと」を執筆中。
-久保田博南紹介記事一覧-
2015年4月13日 「メディカルの旗手」、”生体センサの父”奔走-医工連携橋渡、久保田博南氏 日経産業新聞
2015年1月号 「生体情報モニタ」開発物語 『知遊』 日医文化総研
久保田博南の「医療機器トレンドウォッチ」 日経BP
2000年11月5日 著者に聞く 『電子辞典の楽しみ方』 冊子にない魅力を解説 久保田博南さん 産経新聞
1995年6月26日 自由席 仕事と趣味の産物 『科学のことば雑学辞典』を出版した 久保田博南さん 読売新聞
1993年7月14日 がんばってます、モニター開発で手腕発揮、 久保田博南さん 上毛新聞
1988年4月24日 ウイークエンド経済、ミスター監視装置、流出 朝日新聞
1987年5月26日 No1物語 海外の放送キャッチ 『日本の第1号』15局も 久保田博南さん 読売新聞
1983年6月号 OM探訪 久保田博南さん 短波
(H.Kubota, Sep. 2005 at WHO in Geneve)