エッセイ一覧

◎第1部:BCL関連

当社代表取締役・久保田博南の執筆したエッセイには、BCL(海外放送受信)関連の記事・報告書類が非常に多く存在します。この欄には、これらのタイトルのみ、以下のファイルにリストアップしてあります。

記事・報告書一覧.pdf (250.26 kb)


◎第2部:ネットコラム(日経デジタルヘルス-連載中)

回数 記事 年月日
医療機器法関連
第1回 「医療機器法」制定への期待 2012.09.10
第2回 韓国の「医療機器法」に学ぶ 2012.09.22
第3回 業界が待望する「医療機器法」 2012.10.9
第4回 新規参入への突破口となるか 2012.10.23
第24回 「医薬品医療機器法」成立に思う 2013.11.25
第25回 懸念でなく期待の持てる改定に 2014.01.07
第32回 「ヘルスソフトウエア開発ガイドライン」が教えるもの 2014.09.18
第33回 健康機器群は誰が規制するのか 2014.11.26
第41回 『新医療立国論』の訴えに耳を 2015.07.22
第42回 医療機器の国際整合性を問う 2015.08.11
第44回 医療機器の審査に「優先性」の考え方を求む 2015.09.09
第60回 ただいま試行錯誤中、ソフトウエア規制の2年 2016.12.28
第63回 リスクマネジメントの本質を問う医工連携 2017.03.6
第64回 医療機器の回収、なぜこれほど多いのか 2017.04.19
第65回 医療機器、QMS調査の実情を追跡する 2017.05.15
医療機器産業参入関連
第21回 医療機器産業参入へのケース・スタディ 2013.10.08
第22回 現代版ヘルスケア機器の解説書から見えるもの 2013.10.28
第23回 経済省発・事業化推進のためのガイドブック 2013.11.11
第35回 帰納法で導かれた医療機器産業参入への「回答」 2015.01.22
第67回 規制側から見た薬機法の指南書が登場 2017.07.22
第68回 日本発、光線力学的治療機器の国際標準規格が発行 2017.08.31
第69回 動き出した“IoMT”――ネット社会と医療が融合する時代に 2017.9.31
第71回 「医工連携」を読む、この2冊 2017.12.12
医療機器開発関連
第26回 日本発・医療機器開発促進のために(1) 2014.02.03
第27回 日本発・医療機器開発促進のために(2) 2014.03.09
第28回 日本発・医療機器開発促進のために(3) 2014.03.24
第29回 実践型医療機器開発へのススメ 2014.05.08
第34回 モバイルデバイスの医療応用への利用価値 2015.01.07
第36回 話題の「光トポグラフィー」にベンチャー企業が参入 2015.03.10
第37回 「脳波1チャネル」で“眠り”に挑戦したベンチャー 2015.04.28
第38回 睡眠評価は脳波だけで何とかなるか? 2015.05.26
第39回 日本発の手術支援ロボット、デビュー 2015.06.17
第40回 「日本のものづくりが医療機器に反映されていない」は本当か? 2015.07.07
第43回 微小血栓の検出へ、あくなき挑戦が続く 2015.09.01
第45回 衝撃的な翻訳本『バイオデザイン』 2015.10.20
第46回 医学部を持たない大学の「医工連携」 2015.12.01
第48回 心臓の血液量を体表から測定 2016.01.27
第51回 医療機器、空を飛ぶ 2016.03.28
第52回 病気と健康の境界を探る 2016.04.26
第53回 対岸の火事ではない「医薬品一斉点検」 2016.06.8
第54回 “医療機器一斉点検”はありえない 2016.07.6
第55回 医療機器開発に関する近刊書籍が示唆する共通項 2016.07.22
第56回 新設の医療機器審査管理課に期待する 2016.08.22
第57回 ロボット・AIと医療機器の将来を占う 2016.09.20
第58回 ‟未病機器×IoT”、新たな体制構築を 2016.11.1
第59回 大学発医療機器開発、製品化の壁と対応策 2016.11.24
第66回 「歩数」から「歩き方」の時代へ 2017.06.22
第70回 健康チェッカーの現在地 2017.11.9
第72回 未来志向の介護用ベッドがデビュー 2018.02.01
第73回 高齢者にやさしいトレーニング装置とは 2018.03.20
第74回 医療機器の回収対応、いまだ足踏み状態 2018.04.18
第75回 「かぶれない心電図電極」に見る新技術としての価値 2018.05.16
第76回 生体情報センシング、次の一歩を踏み出すために 2018.06.18
ワイヤレス技術関連
第5回 米国、ワイヤレス化への意気込み 2012.11.5
第6回 続・米国ワイヤレス化への意気込み 2012.11.27
第7回 ワイヤレス化の源流は日本から 2012.12.11
第8回 ワイヤレス化、日本の現状分析 2013.01.9
第9回 商品戦略としてのワイヤレス化 2013.02.7
第15回 どこへ行く? 我が国の医療用テレメトリー 2013.05.27
第16回 行け行け、生体情報モニタ 2013.06.24
第49回 ワイヤレス医療機器、事実上の自由化へ 2016 .02 17
第50回 ワイヤレス医療機器、今こそ「400MHzの縛り」から解放の時 2016.03.9
第61回 M2Mが動き出した 2017.01.26
第62回 進む! 介護・医療・健康のM2M 2017.02.8
基本回路関連
第18回 医療機器の基本回路、温故知新 2013.08.12
第19回 医療機器の基本回路、温故知新――その2 2013.09.1
非接触センサ技術関連
第10回 非接触モニタリングの現状紹介 2013.2.22
第11回 介護用途の非接触モニタリング 2013.03.14
第12回 続・介護用途の非接触モニタリング 2013.04.4
第13回 遠隔センシング、世界初の商品化 2013.04.23
第14回 加速度センサ+ジャイロ・センサの効果やいかに? 2013.05.12
第20回 時代は、非接触・非侵襲モニタリングへ 2013.09.15
パルスオキシメータ関連
第17回 スマホ向けパルス・オキシメータが呼ぶ新たな議論 2013.7.12
第30回 パルスオキシメータ開発に見る日米主導権争い 2014.06.17
第31回 パルスオキシメータ開発の貢献者をたどり、「医工連携」の原点を見た 2014.07.16
第44回 パルスオキシメータの国際シンポへの誘い 2015.09.23
第47回 パルスオキシメータの2015年 2015.12.28

◎第3部:ネットエッセイ(近況)

講演の狭間に-short essay

続・講演の狭間に.pdf (163.98 kb)

 


◎第4部:一般業務・趣味関連

 受験勉強の日々 太田高校金山同窓会報・創刊号 1986年12月
 辞書を探す旅 講談社・「本」 1995年5月号
 生体電気で健康をチェック 自分のカラダを理解しよう! HEART No.8 2006年4月1日
社会で活躍する先輩たち 群馬大学工業会報 2010年9月

 

 

-日本医科器械新聞連載-

★ 業界に生きる
記事 年月日
第1話 進路 2007年1月11日
第2話 開発 2007年1月21日
第3話 競合 2007年2月1日
第4話 転機 2007年2月11日
第5話 変革 2007年2月21日
第6話 展開 2007年3月1日
第7話 哲学 2007年3月11日
★ 続・業界に生きる
記事 年月日
「しばらく休みだ」 2008年1月11日
「よく我慢したよ」 2008年1月21日
「アウトブスカルテ、ビッテ」 2008年3月1日
「日本へ帰れません」 2008年3月11日
「誰でも緊張するよ」 2008年3月21日
「運動不足だろう」 2008年4月1日
「ファー・イースト、ネックスト」 2008年4月11日
「先生、今どこですか」 2008年4月21日
「ご意見をお聞かせください」 2008年5月1日

★ オフ・ビジネス断章

記事 年月日
「扇状地への追憶」 2009年4月11日
「そこに多摩川があるから」 2009年4月21日
「畔上先生への畏敬」 2009年5月1日
「サッカーにはまった人生」 2009年5月11日
「そろばんと支那そば」 2009年5月21日
「とりあえずビール」 2009年6月1日
「和語を遡る楽しみ」 2009年6月11日
「カンボジアからの書簡」 2009年6月21日
「カスバを見に行く」 2009年7月1日
「人類、月面に立って40年」 2009年7月11日
「お粗末紙芝居の体験から」 2009年7月21日
「辞書収集癖の功罪」 2009年8月1日

 


―PiRAMID掲載―

★ 医学用語一言メモ

①聴診器 stethoscope 2002年2月
②モニタ monitor 2002年4月
③心電図 electrocardiogram 2002年5月
④ペースメーカ pacemaker 2002年8月
⑤病院 hospital 2002年10月
⑥麻酔 an(a)esthesia 2003年11月
⑦細胞 cell 2004年2月
⑧血液 blood 2004年4月
⑨ジギタリス digitalis 2004年6月
⑩急性の acute 2004年9月
⑪フェロモン pheromone 2004年10月
⑫生理食塩水 saline 2004年11月
⑬筋肉 muscle 2004年12月
⑭キセノン xenon 2005年1月
⑮心臓 heart 2005年3月
⑯鼻 nose 2005年5月
⑰蘇生 reanimation 2007年6月
⑱指 finger 2007年10月
⑲循環 circulation 2008年9月
⑳不整脈 arrhythmia 2008年11月

 


―上毛新聞掲載-

★ 視点 オピニオン21

記事 年月日
初冬のスイスから 1993年11月9日
“南極小話” 1994年1月4日
早春のイギリスから 1994年3月24日
夏時間の試み 1994年5月28日
私のパソコン学 1994年7月31日
ボルネオの旅から 1994年9月3