社長からのメッセージ

by 遊士 12. 2月 2011 18:21

1999年の開設から12年、新しい企画とともに本サイトを一新し、β版をアップました

Tags:

News

コメント (14) -


2月 18. 2011 10:10
遊士
6日前にβ版をupしながら少しずつ修正をかけています。まだ、よちよち歩きですが、すでに何人かの方がたから暖かい声援をいただきました。正式アナウンス前に1000件近くのアクセスがありましたので、本日(2011年2月18日)をもって公式オープンにしたいと考えています。今後ともよろしくサポートしていただきたく、心よりお願い申しあげます。


3月 5. 2011 06:28
hironami
ここにきて、たくさんの方がたから暖かいエールをいただきました。「明るくなった」「すばらしい」「元気ですね」...ご声援に応えて、これからもアップデートを重ね、より最新の情報を提供できるようにしてゆきたいと考えています。


3月 26. 2011 17:55
hironami
前代未聞、未曾有の大震災に、今はただ驚きと失望感に苛まれています。しかし、われわれ日本人は、そんな大災害に遭遇してもそれと対峙する心を有していると信じています。各人が「これまでの生活を見直すチャンス」と開き直ることが必要かも知れません。気を引き締め、お互いに協力してがんばってゆきましょう。


日本 Hero 
1月 25. 2012 07:49
Hero
当社社長、久保田博南著『いのちを救う先端技術』(2008年刊)に「医療機器法」について触れてあります。あれから4年近くたった現在、医療側・医学界・医療機器産業界などからもようやくその必要性が叫ばれてきました。しかも、ここにきて、急ピッチな動きとなり、注目度が上がってきています。医療機器法制定に向け、当サイトも協力してゆきます。


日本 Hero 
1月 27. 2012 07:41
Hero
本HPの来場者からメールをいただき、先日、医療機器に関するセミナーを実施してきました。このサイトから想像した私のイメージをいただいたのですが、朝8時から夜の12時くらいまでビッシリと働いているのですか?とのご質問。いや、毎日4時半に起床して、会社には朝弁をもって5時に行っています、と答えますと、エッと絶句。しかし、夜は7時に寝てしまいますよ・・と続けますと、2度ビックリのご様子。いくら、私が忙しそうに見えても、一人分100%程度しか働いていません。「とくに、最近はズルをすることも覚えましたから」といいますと、ご納得のようでした。そう、「ただのひと」なのですョ。


2月 12. 2012 06:45
hero
昨年の今日、β版をアップしてから25000もの来客がありました。おかげさまで、一日平均70-80程度の来場者という計算になり、賑やかなサイトになりました。旧サイトの反省から、できる限り多くの情報発信を行うことを心がけております。これからも医療機器業界の役に立つような情報発信基地となるべく、努力を続けて参りますので、さらなるご支援をお願いいたします。


日本 Hero 
4月 6. 2012 07:12
Hero
ここ調布市でも、ようやく桜が5分咲きになりました。今週末は、2年ぶりに華やいだ休日となるでしょう。暖かいご声援を受け、当サイト入場者が30000名に達しました。「医療機器法」への足取りが急ピッチで、当社のモットーでもある業界活性化につながることを祈念する毎日です。


日本 Hero 
5月 2. 2012 07:13
Hero
沖縄からは、早くも梅雨入りのたより。こちらでは、五月晴れの空に鯉のぼりが泳ぐ季節になりました。今朝ほど届いた「医療機器学4月号」に、共著の『いのちを守る医療機器』が今年度の日本医療機器学会著述賞に選定された記事が出ています。これまでの、単著の2つに合わせますと、3回目の受賞ということになり、身に余る光栄です。


日本 Hironami 
7月 16. 2012 16:14
Hironami
梅雨明け間近を思わせる、猛暑になりました。

姉妹サイトの「医療機器法.com」に関しては、開設以来、多くのエールをいただいております。その中でも、うれしい便りをいただきましたので、以下に転載いたします。

本日、このウェブサイトを見つけ、嬉しくおもい、メールしました。私は、現在医療機器製造業社にて品質保証を担当しており、また、社会人大学院にて、医療機器法規制について研究をしております。医療機器法規制については情報ソースがすくないのですが、このサイトも参考にさせていただき、研究を進めていきたいと考えております。 今後共よろしくお願い致します。




9月 21. 2012 20:16
hironami
秋の彼岸を迎えても、残暑厳しく、これほど「秋の到来」の待ち遠しい年も希有なできごとです。しかし、それもあとわずかでしょう。涼しくなれば、「暑く、長い夏」を懐かしく思い出すかも知れません。
さて、今月より日経BP社からの要請で、連続コラムの執筆が始まりました。おかげさまで、第1回目の記事に対して、大いなる反響をいただき、光栄に思っております。これからも、精一杯、新鮮な話題を提供したいと考えております。みなさまの暖かいご支援をお願いする次第です。


日本 GM3 
9月 24. 2012 12:48
GM3
残暑は厳しいですが、秋の気配に満ちあふれた都心で昼休みを楽しんでいます。
コラム(第2回目)に対し、うれしい反響がいっぱい届いています。「いつも感動を覚えます」「ズバッと切り込み、論理的で爽快」。。。お世辞半分としても、書くほうとしてこれほど力になることばはありません。どうか忌憚のないご意見をお寄せください。


6月 9. 2013 20:16
hironami
2013年3月、日本循環器学会で日本光電工業・代表取締役の鈴木文雄氏と話をする機会がありました。その折、現在の日本光電で何が売れているのかの話となり、代表の口から「久保田さんのおやりになったモニタですよ」との感謝のことばを受けました。日本光電を退職してちょうど4半世紀にもなるのに、外交辞令が含まれているとはいえ、非常にうれしい気持ちになりました。自分のやったことが、今も、世間のためになっていることが確認でき、関係各位にも感謝の意を表したいと思っています。


日本 Hero 
4月 28. 2015 17:28
Hero
新緑、とくにここ調布市ではケヤキのうす緑がきれいな時期です。気づいてみたら、この欄への記述は2年ぶりになります。この間、いつの間にやら本HPへの来場者が20万を突破していました。アップ後4年ですので、年5万、一日平均130人の来場者、となります。このところ、入場者も増加傾向なったような気がしています。さらに、みなさまのご期待に応えられるような記事をお届けしたい、そんな毎日です。


日本 何柯田爺 
7月 31. 2017 06:07
何柯田爺
豪雨、酷暑そしてこのところ暑さ一休みとあわただしい天候変動に体の歩調を合わせるのが大変です。しかし、夏は暑いのが当たりまえ、忙しい日課を”楽しむ”よう心がけています。2017年5月発刊の『ISOカイギ録』で使用したペンネーム「南柯田爺」は「何か出んや?」と読めるそうで、命名者の「当職に対する期待?!」と勝手に解釈しています。おかげさまで、このエッセイには、大方の賛同が得られています。この場をお借りして、共著者および読者諸氏に謝意を表する次第です。

コメントを書く




  Country flag
biuquote
  • コメント
  • プレビュー
Loading


Objective

-キラッと光る医療機器を-

KandK Japanニュース

RecentComments

Comment RSS

Calendar

<<  11月 2017  >>
月曜火曜水曜木曜金曜土曜日曜
303112345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930123
45678910

View posts in large calendar
Disclaimer
The opinions expressed herein are my own personal opinions and do not represent my employer's view in anyway.

Total Access  349525
© Copyright 1999-2017K & K Japan Co.